RSS | ATOM | SEARCH
♪Questo♪Momento♪ 第9番「月光ににじむ和音」
 近日中にドビュッシーの前奏曲集を取り上げようとして 2週間ほど前からいくつかのCDを聞いていたのですが、先日「レコ芸」を購入して (しかし値段高くなりましたね…)、ビックリ。
 「下田幸二のピアノ名曲解体新書」というコーナーで、この曲集を取り上げていたのです。
 一瞬「アチャ〜 やられたぁ!」と思いましたが、考えてみれば かぶったって別に何の問題もない。

 とはいえ なんとなく この曲集を取り上げる気は薄らいでいたのですが、新たにフランソワの演奏を聞いて、演奏者それぞれの個性が面白く、愉快な気持ちにさせられました。
 その勢いで「百人一首」を書くべきところ そっちを一週休みにし、また “百曲一所” を書くことに。

 ドビュッシー:前奏曲2巻、24曲。
 抽象的、あるいは即興的とも言えるようなあいまいさ。全音音階、非機能和声。
 すぐには音楽の形が捉えにくく、決して親しみやすいとはいえない。

 現在 堂々と示されている詩的な表題も、実は曲の頭に掲げられているわけではなく、最後に控えめに書かれているもの。あくまで霊感の源泉を表すものなのですね。
 描写音楽と勘違いすると 余計に解らなくなるかも。

 「ピアノのために」やベルガマスク組曲などには親しみながらも、前奏曲集は敬遠していた若い頃の私。

 まず好きになったのは第1巻でした。
 中でも最も気に入ったのは、第1曲「デルフィの舞姫たち」。
 デルポイのアポロン神殿でゆっくりと舞う3人の女神のギリシャ彫刻を ルーヴル美術館で見て、インスピレイションを得たと言われている曲。
 メロディは充分解りやすく、ゆるやかにたゆたうアンニュイな雰囲気が素敵です。

 一方 第2巻は第1巻以上に抽象的と感じていて、好きになったのは さらにのちのこと。
 でも今では第2巻のほうが より好きです。
 解ると なぜ難しいと思っていたのか不思議に感じるものですね。

 最も好きなのは第7曲「月光のふりそそぐテラス La terrasse des audiences du clair de lune」
 1912年、フランスのジャーナリスト ルネ・ピュオがインドから雑誌に寄稿した インドの宮殿建築に関する文章の中にこの語句があり、ドビュッシーはそこからインスピレイションを得たとされています。
 “audiences” が何を意味するのか難しく、和訳はCDによって多少の違いがありますね。
 「月光のふりそそぐテラス」は最も一般的だと思いますが、“audiences” を無視しています。
 故 三浦淳氏は、インドの王侯が謁見 (audience) に使ったテラス として、「月光にぬれる謁見のテラス」という訳を与えています。直訳では「月の光の謁見のテラス」となりますが、それを詩的に意訳したわけですね。

 密やかで神秘的な曲です。
 冒頭のメロディはフランスの童謡「月の光に」。
 サン-サーンスも「動物の謝肉祭」の「化石」で使ったもの。

 ゆったりとしたテンポと弱音による微妙なメロディ。
 月光差し込む宮殿のテラスにおける自然の細かな変化の心象と それによって呼び起こされる感動でしょうか。

 「特にここ!」は書き表しにくいのですが、2分前くらいの、一度盛り上がったあと ふと力を抜いて静かになるところ。
 にじむ和音の独特の風合い。
 静かになるとはいえ 感動的な情緒を持続させており、またクレッシェンドし もうひと盛り上がりします。

 ***

 サンソン・フランソワの演奏は音像がはっきりとして メロディの意識が強く、起伏が大きいのが特徴。主観・主情が色濃いロマンティックな演奏です。
 これとまったく逆なのが、決定盤として名高いアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ。主情を廃した、透徹した音の世界。
 確かにスゴイのですが、私としてはあまりに厳しく、重く、柄が大きすぎることが気になる部分もあります。絶対的存在になることは充分判りますが、もっと軽妙なセンスで聞きたいと思うことも。
 その点、ミシェル・ベロフの新しいほう (DENON) はどちらかといえば地味ながら 軽めの音、繊細なタッチ、細部に神経が行き届いていて素敵。若い頃のEMIへの録音のとんがった演奏から脱皮した、大人のベロフを聞くことができます。
author:, category:♪この曲の♪ここが好き♪(百曲一所), 17:18
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 17:18
-, -
Comment