RSS | ATOM | SEARCH
いろとりどりの歌 第41曲「めぐりあひて」
 第41曲は 第五十七番
 ≪めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に雲隠れにし夜半の月かな≫ 紫式部 (新古今・雑)

 小野篁と墓を並べる紫式部とまいりましょう。

 = やっと会うことができたと思ったら 本当にそれかどうかも分からない間に夜更けの月はまた雲に隠れてしまった =

 一見 月を歌った歌。しかし新古今集の詞書には
 −早くよりわらは友だちに侍りける人の年ごろ経て行きあひたるほのかにて七月十日ごろ月にきほひて帰り侍りければ

 つまり = 幼なじみの友達と久しぶりに会ったのに 本当に彼女と会ったのか分からないほどあっという間にいなくなってしまった = という意味を、月に託して歌ったのです。
 見事ですね。

 家集である「紫式部集」にも 七月十日が十月十日になっている以外はほとんど同じ詞書で収められているとのことですが、歌のほうに違いがある。
 最後の部分が「月かげ」になっているのです。
 「新古今集」でも「月かげ」となっているということですので、定家が濁点なしの「け」を「な」と誤って読んでしまっていたのでしょう。
 「月影」は「月の光」や「月の光に照らし出された姿」という意味もありますが、ここでは単に「月 (の姿)」の意味。
 誤りによって大きく意味が変わることはないわけですが、とはいえ雰囲気は微妙に変わりますよね。
 私は詠嘆の終助詞「かな」のほうが情緒的でいいと思うのですが。
 定家もそう考えて変更したという可能性はないのでしょうか。

 それにしても「友だち」という言葉は平安時代からあったのですね。ちょっと意外な気がします。「友どち」とも言ったようですが。
 一方 幼なじみを言い表すのに「早くよりわらは友だちに侍りける人」というのはなんともまどろっこしい…。

 ところで「紫式部集」では この歌に続いて、
 <鳴き弱るまがきの虫も止めがたき秋の別れや悲しかるらむ> という歌があるとのことです。
 − 鳴き声の弱ってゆく垣根の虫も 止めることのできない秋との別れが悲しいのだろうか −
 詞書は −その人遠き所へ行くなりけり 秋の果つる日来たる 暁虫の声あはれなり
 その幼なじみとの本格的な別れの歌ですね。


 紫式部は 越後守為時(ためとき) の娘 (970年頃の生まれ?)。
 998年 山城守藤原宣孝(のぶたか) の妻となり、翌年 娘 賢子を出産するも二年後に夫と死別。その頃から「源氏物語」に着手したようです。
 1006年頃 一条天皇の中宮 上東門院彰子のもとに出仕。最初は藤原氏であることから藤式部と呼ばれていましたが、「源氏物語」を書き進めるうちに名声があがり、紫の上のゆかりで紫式部と呼ばれるようになったらしいとのことです。
 「紫式部日記」も有名。また家集「紫式部集」も自選だろうとのこと。勅撰集には六十二首入集。
 没年不明。娘の賢子は大弐三位。

 なお 私、自慢じゃぁありませんが「源氏物語」をほとんど読んでいません。
author:, category:いろとりどりの歌(百人一首鑑賞), 13:29
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:29
-, -
Comment