RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
「テルマエ・ロマエ」をTVで見た
 20日、楽しみにしていた 映画「テルマエ・ロマエ」をTVで見ました。

 私は映画やTVドラマをほとんど見ませんが、これは公開された時から見たいと思っていました。

 私の好きな 知的なものを含んだコメディだろう という推測がその最大の理由ですが、イタリアでの試写会で イタリア人が大笑いしていたことも期待をおおいに高めました。

 それでも映画館に行かない私。去年 フレッド・アステアの「バンド ワゴン」を見に行きましたが、新作を映画館で見たのは18年前にまで遡ります。



 − ハドリアヌス帝統治下の古代ローマ。大衆浴場の建築家ルシウスは、タイムスリップによって現代日本の風呂などを見、それを参考にした斬新な大衆浴場建築で名声を上げる。−



 かいつまんで言いますと そんなお話。

 ルシウスは阿部寛、ハドリアヌスは市村正親。

 なお THERMAE ROMAE とは ラテン語で「ローマの大衆浴場」という意味です。



 日本の役者の芝居はリアリティを欠き、興味あるテーマの映画やドラマでもなかなか見る気になれないのですが (役者ではないタレントの出演が普通のことであることは 本格的な芝居を重視していない証拠でしょう)、荒唐無稽なコメディでは リアリティのなさがそれほど瑕疵にならない。

 上戸彩も芝居がなっていませんでしたが、なんとチャーミングな “平たい顔族” (現代日本をローマの属州のひとつと思っているルシウスは日本人をそう呼ぶ) なんでしょうか☆

 子供っぽいかわい子ちゃんかと思えば、古代ローマにタイムスリップしてしまってからは 不思議とおとなの色気が…。芝居は目を瞑って進ぜようという気にさせられました。



 クラシックファンとしては、「アイーダ」「蝶々夫人」「トスカ」などのオペラからの曲が使われているのも興味深いところ。



 一番面白かったのは、「アイーダ」の第3幕フィナーレ (ラダメスが捕まる場面) の音楽を使ったタイムスリップ時。

 なぜか草原の中 それを歌う ドラマとはまったく関係のない歌手が現われるのです。

 使用していた歌はプラシド・ドミンゴでは?



 その部分、読売TV「たかじんのそこまで言って委員会」でも何度かVTR中の効果音として使っていたのですが、この映画のアイディアだったことが知れたことも 印象的であった理由のひとつです。



 しかし 他の場面でのアリアなどは、歌の内容を知っている者としては ちょっと違和感も感じました。

 コメディですからカタイことは言いっこなし なのですが、試写でのイタリア人は違和感を感じたことでしょう。

 もし海外で製作されたヒミコの時代の物語に歌舞伎のBGMをつけていたら、いくらコメディでも おいおい…とツッコミを入れたくなるでしょうから。



 まぁ 大いに楽しみました。

 来年には続編が封切られる予定とのこと。楽しみです。

 私が見るのは それでもTV放映で ですから まだまだ先のことですが。
author:, category:呟きと囁き, 15:14
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:14
-, -
Comment