RSS | ATOM | SEARCH
「吾らがテナー」と吾が祖父
 探していた写真が見つかりました。
 生前の祖父に (35年ほど前)、1度見せてもらったことがある写真。
 戦前から戦後にかけて活躍した世界的テノール歌手で、藤原歌劇団の創設者 藤原義江。
 祖父が彼とともに撮った写真です。


 左端が広告デザイナーだった祖父 太一です。
 旅先で偶然出会って写した写真と記憶していましたが 違いました。
 写真の裏には詳細が。
 しかし なぜ祖父が朝日新聞社にいて、藤原義江と会うことになったのかは判りません。
 メンバーから推察できるのは、化粧品の広告に藤原義江を起用、デザインを祖父が担当した、というところでしょうか。
 名刺を手渡したところ「アア、あなたは私の兄さんですね」と言ったというエピソードはよく覚えています。
 しかし調べてみますと、藤原義江は1898年生まれ。祖父は1900年生まれですので、藤原義江のほうが年上です。
 … しかし昭和7年で、自分が35歳と記していますね。ということは1897年生まれで、祖父のほうがひとつ上ということになりますが…。
 この裏の記載は晩年 頭がボケていた時のものなのかもしれません。
 ちなみに、祖父は父にも私にもあまり似ていませんが、私の上のほうの弟に少し似ています。
author:zarathustra4, category:ongaku-kan, 22:39
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 22:39
-, -
Comment