RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ヒヨドリの巣立ちと子育て
 最近、家の中にいても ピーピーという雛鳥のような鳴き声が聞こえていました。

 近くに鳥の巣があるのだろうなと思っていたのですが、おととい家のすぐ前にある植木の茂みの中に鳥の巣があるのを発見。

 最近近くを飛んでいるのをよく見ていたヒヨドリの巣でした。

 いつ巣立ちするかなと思っていたのですが、なんと昨日が巣立ち!
 親鳥がヒナに巣から飛び立つことを促しているのです。

 しばらく見ていると、1羽のヒナが巣から飛び立ちました!
 隣の木に止まるヒナ。巣立ちをすれば“幼鳥”ですかね。


 ※目の前の木に止まったところ

 鳥の巣立ちを実際に見るのは初めて。
 鳴き声がうるさいし 見た目もきれいではないし、都会に馴染んでいる感じが好きではないヒヨドリですが、やっぱり感動的でした。

 遅れてもう一羽も飛び立ちました。


 観察をやめてしばらく経った時、幼鳥の声がとても近い。

 なんと、うちのベランダのフェンスにおかしな体勢でぶら下がっているではありませんか!


 飛びやすいように桟の上にでも移してやろうと幼鳥に手を添えてやると 嫌がって飛んで、奥さんのプランターにかぶせてあるネット(カーテンで作ったもの)の上に着地。


 それをすぐそばで見ていると、親鳥がやってきて激しく威嚇。
しかし鳥の威嚇は面白いですね。決してこっちを見ずに、視線は別。

 しばらくすると無事にうちのベランダを脱出することができました。

 その後もうちのそばで飛ぶ練習をするヒヨドリ親子でした。

 さて今日。

 また幼鳥の大きな声。

 今度はお隣のベランダでした。

 親鳥が幼鳥に餌をやると見せかけて やらず、飛ぶことを促すという行動が観察できました。
 もちろんこの行動を実際に見るのも初めて。

 お隣のベランダですが失礼して、カメラを向けさせていただきました。(不自然な体勢での撮影のため、斜めに写っています。)



 ※エサをここまで持ってきますが…

 ※…やりません。エサはセミでしょうか。



 このあとしばらくここに留まり、一羽寂しく必死に鳴くばかりの幼鳥でした。

 しかし鳥の世界はキビシイですね。
 体つきもまだ子供なのに自立を促される。
 現代日本の人間の過保護な世界とは大違いですね。
author:, category:papageno, 11:39
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:39
-, -
Comment