RSS | ATOM | SEARCH
ヴェルディ オペラ改革者の素顔と作品

 思いがけないご縁から、加藤浩子女史の「ヴェルディ オペラ改革者の素顔と作品」を購入、読み始めました。

 

 数年前 レコ芸に掲載されていた、私の愛するオペラ「ファルスタッフ」についての小さな記事で、新たな発見を与えてくれたかたです。

 

 まだ序章を終え、第1章を少し読んだだけですので、オススメします!なんて言うといい加減すぎますが、ヴェルディの人生の概要だけ読んだだけでも知らなかったことばかりで「目からうろこ」でした。

 

 そういえば、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、あるいはショパン、リスト、シューマンなどの生涯は結構知っているのに、好きな作曲家ベスト10に入るヴェルディの人生をほとんど知りませんでした。

 

 この本は生涯のことだけではなく、作品の手引きなども掲載されています。

 このところ、なんというか、愛国的な、こぶしに力の入る本を読んでいましたので、明るい気持ちで、楽しく読めそうです。

 

 

  

 

author:zarathustra4, category:ちょこちょこブログ, 00:17
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:17
-, -
Comment